ザルティアよりタダリス

ザルティアよりタダリスでしょ

ここ最近テレビやインターネットでよく見かける言葉…それはザルティア。ザルティアとはシアリスと同成分タダラフィルを使用した前立腺肥大用の薬のことだ。なぜ話題になっているのか、それは単純、安いからだ。


2014年にこのザルティアは登場することになったが、なんと保険適用されるというのだ。シアリスをご存じの方ならわかると思うが、シアリスなどのED治療薬は保険適用外のため割引もなしで購入しなければならない。そのため一錠あたり1700〜2000円払う羽目になるのだ。いくら僕ちんの救世主になるといってもこれだけ高いと数が限られる。月に一度のお楽しみになるのだ。それが今回、いくら違う目的とはいえ同じ効力を持つ薬が安く手に入るというなら嫌らしいED野郎が飛びつかないわけがない。そのためザルティアなる言葉が飛び交ってるワケだ。


だが、ここで注意してほしいんだ。ザルティアにはタダラフィルが2.5mg、5mgとシアリスに比べ少ない。シアリスは10mg、20mgとあるわけなのでいくら保険が適用されようとシアリスを同じ効果を求めるなら少なくとも4粒程度飲む必要があるのだ。


なら今まで通りシアリスのジェネリック、タダリスを飲んだ方が安いんだよ。だからザルティアが話題になるのはちょっと違うと思うわけ。まぁこれまでシアリスしか知らなかった人たちにはタダリスのことを知るいい機会かもしれないな。


何度もいうがタダリスの方が安いんだぜ。

copyright(C)シアリスマガジン