EDと精力

新しいサイト情報

関連記事情報

関連サイト情報

EDと精力

精力は年齢とともに衰えます。それは男性ホルモンの分泌量が減少することが
原因です。これは加齢とともに誰にでも起こる症状ですので、仕方がないことだと
言えます。

精力のピークは男性は20歳代なので、30歳を過ぎると個人差がありますが、
精力は衰えます。

いわば精力の衰えは老化現象と同じような意味合いがあります。
しかし、EDは違います。EDになるには、はっきりとした原因があります。

とくに中高年に多いとされるEDですが、その原因の多くは、生活習慣における
高血圧や、高脂血症、動脈硬化などの血管に関する疾患が原因だと言われています。

勃起は動脈に血流を流して、陰茎にある海綿体の送り込むことで起こるといわれて
います。しかし、上記のような血管の障害があると、うまく動脈が拡がらずに
血流をうまく流し込むことができません。

そうなると、うまく正常な勃起ができずにEDになってしまうのです。

特に生活習慣病を患っている人は、EDになりやすいようです。
このようにEDの原因は加齢ではなく、生活習慣が原因で起こる疾患が原因なのです。

中高年に多いのは、生活習慣の影響がその位の年齢の表面化しやすいのが
原因だと思われます。

したがって今が若いからと生活習慣が乱れていると、何十年後かにEDを発症する
リスクは高くなるのです。

copyright(C)シアリスマガジン